車査定 シュミレーション

買取をしてもらった後の故障について

自動車を買い替えたりするときには、今まで乗っていたものはそのまま廃車にしてしまうよりも買い取りに出したほうがお得です。高値で買い取ってもらえば、新車の購入費用や他の用途に使うことも出来ます。でも世の中は何が起こるのかわからないものです。

 

買取後にエンジントラブルなどの故障に気がついたときは、どうすればよいのか対応に困ります。査定をしたときにもしもその故障がわかっていれば、買取額は確実に下がっていたはずだからです。故障していることがわかっているのに、そのままにしてよいのかというところが悩みどころです。

 

この問題の答えを知るためには、故障の責任は誰にあるのかということを理解する必要があります。査定はただ車の車種や走行距離を調べるだけでなく、故障や傷などの状態を確認するためにあります。もしも、査定の段階で故障や故障の兆候に気が付かないとすれば、それは査定をした担当者の落ち度です。ならば買取金額を満額でだしてもらえるのかというと、契約をする上で売主には民法で規定された瑕疵担保責任というものがあります。瑕疵担保責任というのは売主が知っていても知らなくても、故障は売主の責任ということです。これによると、買取の契約は買取業者が解除する事ができることになっています。

 

実際のところは、大手の買取業者では契約を解除するのではなく減額をすることで対応しています。買取は査定をしてすぐに取り引きが終わることが多いので、買取業者が支払ったお金の一部を返金するよう請求されるのです。でも返金請求が行われるまでに日数が経っていると、すでにお金を使ってしまう売主も出てきます。そうなれば返金が出来ない可能性があります。

 

そういう事態を防ぐために、万が一返金するよう請求があったときに、一定額まで補償してくれる保険への加入を勧める買取業者もいます。加入しておけば返金の負担から免れるのでトラブルになることもありません。買取業者を選ぶときには、そういう点も確認しておくと良いでしょう。