車査定 シュミレーション

重自動車税と車買取

車買取の際に気になるのは重自動車税です。自動車税に関しては1年分を前払いしているわけだし、自動車重量税に関しては新車の場合は3年、それ以降は車検事に2年分も前払いしています。これは決して小さい額ではありません。この前払いした自動車税や自動車重量税は戻ってこないのでしょうか。結論から言うと、戻って来るものと戻って来ないものがあります。

 

戻って来るのは自動車税です。車買取を行った翌月からの分が還付されます。自動車税を納めている各市町村から還付の連絡が来るので、それに従って手続きを行い希望する銀行口座などに振り込まれます。しかし、自動車重量税は廃車にしない限り戻ってきません。自動車重量税と同様に自賠責保険料も廃車にしない限り戻ってきません。では、前払いした分はどうなってしまうのでしょうか。払い損なのでしょうか、というとそういうわけではありません。

 

自動車重量税や自賠責保険料については、車検が残っている限り有効なため、その売ったクルマを巡り巡って買った人がそれを引き継ぐことになります。このような事情から車検が残っているクルマを買う人はお得ですし、売る場合も車買取価格の中には、通常この自動車重量税や自賠責保険料の分も考慮されていると考えられます。そのため車検が残っているクルマで査定額がゼロ円ということはあり得ません。もしゼロ査定であれば、廃車にして自動車重量税と自賠責保険料を還付してもらった方が得です。

 

しかし、考慮されているだろうとはいえ、はっきりとそのことが提示されているわけではありません。そのため税金の払い損をしたくないというのではあれば、車検が切れるときに車買取を行うのがベストです。ただ売るタイミングによって10万円以上簡単に変わってしまうこともあるので、自動車重量税や自賠責保険料を過度に意識するのも得策ではありません。車買取をしようかと思ったときに心の片隅にでも覚えておけば良いでしょう。