車査定 シュミレーション

輸入車や事故車の中古車査定について

輸入車の買取査定は一般的に日本車よりも厳しい場合が多いです。
理由としては日本車の中古車よりも売るのが難しいことが主な原因だと考えます。
輸入車は同じブランドのディーラーでの査定は下取り前提であれば日本車と同等に考えてくれるようですが、買取はかなり厳しいようです。

 

また、他のブランドのディーラーや日本車のディーラーでは買取、下取り自体が厳しかったり、査定がかなり低くなる傾向にあります。これは他のブランドのディーラーでは自社のブランドを守るため他のブランドを売らないことが多いため、買取、下取り車はオークションに流すことが多いためです。
オークションに流れた車は日本車であれば買い手が多くつく事が多いですが、輸入車の場合は修理等がしづらかったり、保証の問題や相場変動が激しいなどでリスクが多いため、なかなか買い手が付かない場合も多く、価格が下がってしまう傾向にあります。そのため、買取価格が下がってしまうのです。

 

事故車の場合は中古車として販売する場合に保証が問題になるため買取価格がかなり安くなります。また、一部の悪徳業者が事故車を偽装して無事故車として販売している場合もありますので注意が必要ですが、素人には判断が付かない場合も多くあるので、信用できる販売店で購入を検討されることをオススメします。