買取査定 書類

買取査定で準備が必要な書類

買取査定で準備が必要な書類は、買取査定を受けるだけであれば、車検証と自賠責保険証明書があれば大丈夫です。

 

車検証は、正式名称が自動車検査証で、新車登録時に発行される書類です。ナンバーや用途、所有者、使用者、車検日などが記載されている大事な物です。

 

自賠責保険証明書は、正式名称が自動車損害賠償責任保険証明書で、強制保険と言われているものです。車検証と自賠責保険証書は、車に常備する事が義務付けられているので、通常はダッシュボードなどに保管されています。
紛失した場合は、それぞれ再発行の手続きが必要になります。買取査定で準備が必要な書類は、車検証と自賠責保険証があればいいのですが、査定後、売却する場合、他にも書類が必要になってくるので、その際、慌てずに済むよう事前に用意しておいた方がいいでしょう。査定してもらって、売却に必要になる書類は、リサイクル券、実印、印鑑証明書です。

 

印鑑証明書には期限があるので、最新のものを用意しておく必要があります。買取査定の際には、車検証と自賠責保険証の他、売却に当たってスムーズに事が進むよう、これらの書類も用意しておきましょう。