車を下取りする手順

車を下取りする手順

車を下取りするには、まずディーラーへ行かなければなりません。
そして購入する車を選び、売却する車を査定してももらうのが、最初の行程です。その後、提示された査定金額分が新車価格から差し引かれ、購入に至るのです。

 

ディーラーへ下取りを依頼する時には、見積もり・下取りをお願いするようようにしましょう。カタログを見せてくださいと言うだけでも、お見積もりしましょうかと尋ねてくることもあります。そしてこれ以降の手順を進めるには、書類が必要になってきます。
下取りは新車購入の費用の一部を中古車の価格でまかなうというイメージですが、実際には車を売却した金額を充てることになるので、諸々の手続きが必要になるのです。
まずは売却する車の名義変更をしなければなりません。

 

そのために必要な書類は、印鑑証明書、委任状、譲渡証明書、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書です。
これがなければ車の下取り(売却)することはできません。

 

書類を揃えて売却手続きを終えたら、新車購入の必要書類を用意しなければなりません。
車庫証明、印鑑証明書、委任状、実印などで手続きをすれば、車を下取りする行程は完了です。
この後は下取りする車を出して代車を利用したり、新車の納車まで待ってもらう状況になります。