自動車納税証明書を無くした場合

自動車納税証明書を無くした場合

車を持っている人に毎年4月後半ごろに送られてくる書類がありますよね。
そう自動車納税書です。これを見て今年も税金を払う時期になったかと憂鬱になる人もいるかと思います。普通車になると結構高い金額になるので、懐が寂しくなりますよね。自動車税は5月の末日までに金融機関でお金を支払わなければならない義務があります。

 

この自動車税の支払いを済ませると自動車納税証明書を受け取ります。この自動車納税証明書は捨てないように注意しなければいけません。なぜなら名義変更や車検の時に必ず必要になる書類だからです。
しかし普段なかなか使う書類ではありません。なので紛失してしまったり、無くしてしまいやすい書類でもあります。ふと車を売ることになって、自動車納税証明書が必要だと初めて知った時、ものすごく焦ってしまうことも多くあるのではないでしょうか。でも心配いりません。

 

自動車納税証明書は紛失してしまっても車検証と印鑑を持って税務署に行けば、再発行をしてもらえます。もし税務署の場所がわからない場合は役所に電話したり、インターネットで調べればすぐにわかりますよ。