スーパーなステーションワゴン

スーパーなステーションワゴン

最近気になっている車と言えばアウディのRS6アバントです。
ステーションワゴンでありながら、4リッターツインターボエンジンで560馬力を発生するエンジンが搭載されています。560馬力と言えばトップクラスのスポーツカーと同じくらいの馬力ですから、軽量化された車体とハイパーエンジンでスーパーカーのようなミニバンだと思います。

 

以前S6には乗ったことがありますが、カタログ馬力ほど走らないというイメージがありがっかりしたことがあったのですが、さすがに560馬力もあれば強烈な加速を味わえると思います。

 

驚くのは2tを超える車体と4リッターターボのパッケージングから10.4km/Lの燃費を実現している点です。これほどのエンジンであれば、一昔前では絶対にに実現できなかった燃費だと思いますので、進化したスポーツカーとはまさにRS6のことを言うのだという感じがします。アウディの良さはRS6のような特別な車種でも見た目がシンプルにまとまっている点です。目立ちすぎずないシンプルさと、しっかりとした存在感がある車だと思います。